読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンディブロワー EBL-500V

 

E-Value ハンディブロワー EBL-500V

 

PC掃除用のエア缶の代わりにと考えて購入しました。

細かな部分への狙い撃ちはできませんが、風量があるのであっという間に埃が取れます。
(PC内部からは相当な埃がでますので掃除は屋外で行います。)

これまではパーツを外して1つづつエア缶や綿棒などで掃除をしていましたが、これを使うようになってからはパーツを外さずに掃除をするようになりました。(まあ、こびりついた埃はやっぱり綿棒などでないととれませんが。)

エア缶買うより経済的だと思いますし、短時間で掃除も終わり、PC掃除がぐっと楽になりました。

 <欠点>
ただし、我慢できない問題があります。
それは、同封されているノズルが臭いことです。
最初は車のタイヤの匂い程度で他の人が言うほどの問題は無さそうと感じましたが、とんでもないです。
部屋に2時間ほど空箱だけをおいていただけなのに、その部屋は吐き気と頭痛がするような臭いが充満しました。
もしノズルを置いていたらどうなっていたことか。
結局、その日の内に本体と一部部品を残して全て捨てました。(部屋は結局丸2日間臭かったです。)
残したのは、本体と予備部品(カーボンブラシ)とダストバッグのワッカ。
捨てたのはそれ以外全てで、ノズル、ダストバッグ、取扱説明書、箱、本体やノズルをくるんでいたビニール袋。

 f:id:tezuboa:20141013131051j:plain

 

<ノズル>
ノズルを捨てると、その代わりになるものが必要になります。
掃除機の隙間用ノズルを挿すとちょうど良かったです。
ただ、そのまま挿すと口が開いて壊れそうだったのですが、ダストバッグに使われていた輪をつけることで解決しました。

f:id:tezuboa:20141013131147j:plain

f:id:tezuboa:20141013131155j:plain

 

<総評>
値段が安く、風量もあり、風量調節もでき、良い買い物だったと思っています。
もし故障などで買い換えることとなってもたぶん同じものを購入すると思います。
臭いの問題はありますが、安いブロアーはどれも同じように臭いはあるのではないでしょうか。
ただし、次回は本体以外は有無を言わさず捨てることになりますね。

 

<購入後の正しい振る舞いを考えてみた>
1.宅配便から受け取ったら、家には持ち込まず、外で開封し、本体を取り出す。
2.ダストバッグを解体し、ワッカを取り外す。
3.本体と予備部品(カーボンブラシ)とダストバッグのワッカ以外は外にサランラップなどでくるんで置いておき、次のゴミの日にすかさず捨てる。
4.本体もある程度臭いがうつっているので、3日ほどは家に持ち込まず、外においておく。